利益確定型市場ハイジャック転売無料セミナー

投稿者: | 2015年5月6日

転売系の商材でよくあるのですが、売上と利益をわざとゴチャゴチャにして売上を利益と混同させようとしているのです。売上と利益をゴチャゴチャにしている転売系の商材で、まともだったものは記憶にありません。まず、謳われている特徴ですが誰も気づかなかった驚愕のamazon裏ルートを利用し。このレターの作りから想像するに、高額塾への勧誘に終始したセミナーの可能性が高いでしょう。セミナーには参加していないので稼げるのか稼げないのかは分かりませんが、気になる点をあげていきます。つまりこのオファーは、賭けた費用を回収しなければならないビジネスであるということをまずは認識してください。

最初にこの話をするのは意味があって、なぜこのノウハウを公開するのかを考えるために必要だからです。まず、誰でも簡単に出来るリスクの少ない手法というのは、一般的に参入障壁が低いためセラー数が多くなります。募集がだいたい300人程度ですので、アフィリエイト報酬だけで約120万円の費用がかかっていることになります。従って、今は稼げるかもしれませんが、長期的には飽和しやすい環境といえます。最後に、amazon裏ルートという言葉で興味を惹き付けていますが、300人の人間が知ってしまったら裏ルートと呼べるのでしょうか?そもそも“裏”なんてのは塞がれたらおしまいですし、本当に“裏”なのかなとも思います。このオファーは無料セミナーということですが、成約型報酬としてアフェリエイターに一件4000円が支払われます。

利益=売価-仕入値と表記しているものも同様です。amazon転売でライバル不在などあり得ませんし、OEM独占販売でもライバルは存在します。次に、ライバル不在のブルーオーシャンとありますが、ブルーオーシャンというのは実に曖昧な言葉であって、人によって解釈が違う都合のいい言葉です。このオファーを見て一番初めに思ったことは、もし書いてあることが全て事実なら一人で何十億でも好きなだけ稼げばいいんじゃない?なんでセミナーなんて面倒なことするの?ということです(笑)体系化しても好きなだけ稼げないから、塾なりノウハウを切り売りして収入を得ていると考えるのが自然です。一番気になるのはこの部分623万円稼ぐってありますが、下の方を見ると売上であることが分かります。ここで売り出されるであろう高額塾については、稼げる稼げない含めて情報量が少なく、判断するに有効な情報は見当たりませんが、このオファーで謳われている特徴は、amazon転売で生活している人から見ればまずあり得ません。

販売手数料や送料等の諸経費抜きで考えるなんて、転売で利益を得ている人間から見ればあり得ないのです。仕入がタダ? それで月に600万円売り上げる?インパクトは大切かも知れませんが、キチンと行間を補って丁寧に説明しないと信用を落とすだけだと思います。こちらも定義が曖昧な都合のいい言葉です。レターの中で「感謝されたい」と言っていますが、そのために一ヶ月かけて日本全国を廻り、スタッフ費用や宿泊代等あわせて数百万のお金をかけてまでボランティアをする人はまずいないのです。“タダ”で仕入れた商品を横流すだけで爆発的な利益を生み出すライバル不在の独占市場を合法的に乗っ取り、利益率40%をキープしながら、月623万円を稼ぎ出した脅威の最新テクニック!ということです。