ポケットビジネス

投稿者: | 2016年3月1日

上手くいけば参加費くらいは稼げそうですが、なかなか上手く行く人ばかりではないということは肝に命じておきましょう。上田幸司の進撃の錬金術スマホアプリを作ってクリック課金で稼ごうぜ!という内容です。アプリビジネスマスター塾の販売者側としては、この塾を売るために塾で実際に稼げる様になった人を先頭に立たせて人を集めることができるようになるので、相当可愛がっているんでしょう。彼女は実践記のような形でブログhttp://xn--cck0a0aeaa5b5g4byb7ezgwa9uc5575otd1gvsoa.com/も運営しているので、彼女の実績は嘘ではないのかな?という感じです。GTA(ゲーム特化型トレンドアフィリエイト)。スマホアプリ系ジャンルで稼ぐというのは、前述したとおり、時代の流れに乗ってかなり稼ぎやすい案件です。

勢いのある市場に乗る・・ということは大切で、この流れに上手く乗って稼げている人のいい例ということですね。そんなスマホアプリを作って稼ぐという内容のアプリビジネスマスター塾ですが、前回の販売では298,000円という価格でした。しかも実際にアプリを遊んだユーザーが、広告をクリックする必要もあるわけですからアプリをダウンロードだけさせればいい・・という問題でもないので、実に大変そうだなって思います。とは言え、何の技術もなく、アイディアも無い状態でアプリを作っていって、人気の出るアプリが作れるのか?と言うと、みんながみんな上手くいくはずもないです。実際に日本のスマホの普及と共に、スマホアプリという市場はかなりの勢いで伸びています。私も使っているnendというASPの報酬画面だったのと、スマホアプリを作って稼ぐということで、以前にも紹介したこちらの案件の再販だと思われます。

上のリンク先の記事にした無料オファーのバックエンドにはアプリビジネスマスター塾というものが登場したのですが、今回のポケットビジネスではこのスクール生でもあるいわきさんという方がメインで登場しています。スマホアプリといっても、ただアプリを作るだけが稼ぐための手法ではありません。自分でいざアプリを作って管理していくという立場になることを想像してみると、そう簡単にはいかなそうだなって思いますw作って放ったらかしという訳にもいかず、OSのバージョンアップにあわせてメンテナンスも必要になってきます。コストをかけずに稼ぐことが可能になるので、今かなり勢いのあるスマホアプリ市場の流れにのって稼ぐことに興味が有るのであれば、是非こちらの案件もチェックしてみてください。十中八九、スマホ関連だろうなと思って見ていましたが、報酬画面が出てきた段階で「あぁ、あれか・・・」って分かってしまいました。

スマホゲームをしながら稼ぐという打ち出し方をしているコンテンツですが、手法としてはかなり理にかなっていて面白いものです。いいモノが出来なければDLしてもらえませんし、仮にDLしてもらえたとしても、遊んでもらわなければ意味がありません。毎月大量のライバルが登場するスマホアプリ市場自体に参入するのではなく、そのスマホアプリを”ネタ”として捉えて稼ぐという手法。もっと簡単な方法があります。ひとたび軌道に乗ってしまえばかなり稼ぐことは出来るんでしょうが、なかなかそのレベルまで辿り着けずに挫折してしまう人がほとんどのようです。