ファントムライター 五十嵐敦

投稿者: | 2015年12月2日

あくまでサテライト記事レベル。メインサイトを書く事がなかなか出来ない、と言う人もいるかもしれませんが、まずは失敗してもいいので書き続けていく事が大切になります。しかしその言葉を鵜呑みにして初心者がこの記事だけでメインサイトを構築していったらどうなるでしょうか?恐らくほとんどの記事は上位表示されないと思います。このようなリライト&記事作成においても基本的には自分で書いた方がいいのですが、時間がほとんどとれない人には重宝すると思います。これは変換語句のデータベースの量にも比例してくるのですが。

機械的には検索エンジン対策はなされていて問題が無いとしても、読み手にとって魅力的な記事を書けるのかと言えばなかなか難しい。セールスレターの例文を見る限り、メインサイトでガッツリ誘導して行くと考えた場合ちょっと魅力的ではないです。しかもこのツールで作成された記事はこのツールのネーミングと同じようにメインサイトで使えるレベルのものです。例えば私も使っている、そして多くの人でも成果が上がっているツールとして、MSRなら自分が読んで参考になる記事が手動で簡単にリライト出来てしまいます。現時点では私も使っていて非常に成果も上がっているし、記事完成度と言う観点からもファントムライターよりもMSRやPSWの方が間違いないツールだと思います。

あまり面白くもない記事を読んでしまうと他のページも見てみたいとはなかなかならないものです。今回はTrend-upWorks五十嵐敦氏のファントムライターという記事作成ツールですが、使えるツールなのか?ここが1番重要な所ですがセールスページから探ってみたいと思います。それこそ人工知能を持ったロボットがやる位のレベルじゃないとなかなか難しいと思います。こういった自動生成系のツールで作られた記事は、実際のところ上位表示されるのかと言えば結構微妙なんです。まず、このファントムライターがどんな事ができるツールかを説明します。

ツールを起動してジャンルを選ぶと記事が出来てしまいます。またファントムライターのようなリライトツールとは違い、こちらはジャンルごとの購入といった費用はかかりますがより高精度なリライト処理で安全な記事が量産できるPSWこのあたりはアドセンス用のブログを量産して貼り付けたり、あるいはページ数の多いサイトを作ってみたい人にも使えます。つまりツイッターで呟いたりバックリンクブログ位であればいいのかなと。しかしどうしても書けないと言うのであれば検索エンジン対策もなされたツールを使うというのもありだと思います。ファントムライターの記事は実際には見た事は無いのですが、セールスページから推測してみるとMSRやPSWの方が質は上だと言えます。