WorldBETSystem 本田勇喜

投稿者: | 2015年1月9日

ブックメーカーとは、イギリス政府公認のギャンブルになります。今回のWorldBETSystemは本田勇喜氏たちが送る情報通りにエントリーするだけで稼げる、というものらしいです。そしてこのWorldBETSystemを使うには月額費用もかかるようです。しかも、突然口座を没収したりもできます。おそらく、ブックメーカーの会社は世界に何千とあるので、同じ試合でもそれぞれに違うオッズが設定されています。

的中率が94%だとか^^;ですが、それなりのリスクもあると思います。日本で言えばTOTOくじが近いかも知れません。そもそもブックメーカーの会社も当然ボランティアではないので、普通に利益を追求しているわけなので不正(不正なのかは微妙ですが)が分かれば対策してベットをキャンセルしたり、口座を没収したりするんです。このWorldBETSystemがもし本当なら確かに稼げるかもしれませんが、これは逆にブックメーカーの会社にとっては損失になるということです。それを利用してどちらが勝っても負けてもいいように両張りしていくのだと思います。

早速、第一話の動画を見てみたのですがやはり内容はブックメーカーのようです。それでは今回は、WorldBETSystem 本田勇喜をレビューしたいと思います。この塾に入らなければWorldBETSystemは使えないのでしょう。実は、ブックメーカーの会社は賭けた人のベットをキャンセルすることができます。第一話の動画がコチラです。

私はこういったギャンブルなどで稼ぐ手法は絶対にオススメしません^^;時間はかかりますがアフィリエイトの方を絶対にオススメします。さらに今回のオファーでは最終的に高額塾の売り込み(20~30万円)が待っていると思います。それに加えてブックメーカーに投資するための軍資金も用意しなければなりません。あらゆるスポーツ(スポーツ以外のものまであります)の勝敗で賭けを行います。ただ、WorldBETSystemのようなものを使っているのがバレたら、その参加者のベットがキャンセルされたり口座を没収されたりする可能性もあるということです。