ネカフェニートの稼ぎ方

投稿者: | 2016年1月9日

LPには「史上最もぐうたらな稼ぎ方」という記載もあり、「楽して稼ぎたい」と考える方たちをターゲットにリスト取りしています。投資系のビジネスで「ブックメーカー投資」や「ブックメーカーアービトラージ」も思いついたのですが、稼げる金額からするとそれらのビジネスではないので、さっぱりビジネス内容は分かりません。「理論上は確実に稼げる」訳ですから。オファーを仕掛けている会社名や電話番号で検索をかけてみると、「仮想通貨」を使ったビジネスの可能性が出てきました。ローンチに新たな進展があれば記事にしようと思いますが、LPや動画内の謳い文句をそのまま信じてしまうと危険ですので、常に疑いの目を持って細心の注意を払っていきましょう。1日1回のクリック動作だけで、月収173万円も稼げてしまうという怪しいオファーが開始されました。

アービトラージというのは価格差を利用してその利ざやを稼いでいく手法になるのですが、仮想通貨を販売している取引所が多数存在しており、各々で価格が違っています。VertexRaise株式会社という会社は、様々な仮想通貨の取引所の販売通貨価格を提供するビジネスをしているので、仮に今回のオファーのビジネスが仮想通貨アービトラージなのであれば納得がいきます。例えば、価格差が現れた際に通知してくれるような専用のツールを開発した可能性もありますので、今回のオファーの内容が仮想通貨アービトラージである可能性は高いでしょう。その他にも「月の半分は完全休日」などの記載がありますが、ビジネスモデルはLPでは明かされておらずローンチ動画を確認してみました。少なくとも上記したビジネスモデルには当たらないことと、「投資系のビジネスである」という事は動画内で分かりました。ちなみに、この「VertexRaise株式会社」という会社は、「複数の仮想通貨の値段をリアルタイムに比較する」というサービスを手掛けています。

元々手掛けていたサービスに対してアービトラージができる瞬間になったら通知するサービスを追加し、それを高額塾として販売しようとしているわけです。ローンチ動画の1話目は典型的なプロダクトローンチの1話目で、今回のオファーに対する意識付けしかされず、ビジネスモデルは公開されていませんでした。なので、ただの仮想通貨を使った投資ではなく、「仮想通貨アービトラージ」の可能性があります。ただし、仮想通貨を使ったビジネスでも投資であり、ローンチ動画内で高杉慧が言っていたような「確実に稼げる」という性質のものではありません。ただただ「楽して稼げる」という意識付けをして、今後の動画も確実に見せようとするテクニックです。しかし、人為的なミスやその他金銭的リスクももちろんありますので、誰でも確実に稼げるわけではありません。

現段階では「仮想通貨アービトラージ」と決まった訳ではないので、今後も調査していかなければならないと思います。だから「仮想通貨」での投資ビジネスの可能性が高いという事です。つまり、Aという取引所でXという仮想通貨を安く購入し、Bという取引所でXという仮想通貨を購入時より高く売却するわけです。住所に関してはレンタルオフィスですので一致したところで何の関連性もありませんが、会社名が同じ点と、電話番号が同じという点で同じ会社が仕掛けている事は間違いないでしょう。基本的にアービトラージは「あらかじめ利益が出ることが分かっている状態」で投資することができるので、動画内で高杉慧が自信満々に「100%稼げる」と言っていたのは納得できます。ただ動画の中ではFXや株、日経225やバイナリーオプション、そして転売ビジネスやアフィリエイトまでも否定されていました。